コンセプト

すわるほどに、
しあわせに。

人類が二本足で歩きはじめたのは、約600万年前。
歩くことで、人は進化をしてきたと言っても過言ではありません。
しかし今、コンピューターを使用することで、
人は「歩くこと」をやめてしまいました。
その結果、多くの人が腰痛や身体の不調で悩んでいます。

Sakamoto houseは、姿勢をよくする椅子の専門家として、
創業以来、研究と開発を行ってきました。
balans®Synergyは、一言で表現するなら
「歩くように座れる椅子」です。

前後もしくは左右に揺れる構造により、コアマッスルに適度な刺激を与え、
人間の本来のバランス感覚を呼び起こします。
歩いているときと同じような感覚を、
座りながらに感じることができるのです。

現代の文化やくらしを変えることはできないかもしれません。
しかし、椅子を変えることはできる。
「すわるほど、しあわせになる」
balans®Synergyは、人の身体と機能を研究して生まれました。
私たちは、現代のくらし方と調和できる椅子をこれからも発信していきます。